なんでも調べちゃうブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも調べちゃうブログ

24歳サラリーマンの雑記的なブログ

欠陥だらけの賃貸物件に家賃値下げ交渉をしてみようと思う Part-①



どうも!当ブログを編集しているイチゼロです。


今回は初心者ブロガーに向けた記事ではなく、新築で借りた我が家に起きた異変について書いてみようと思いますー。


新築だから欠陥は無い!!新築だから住みやすい!!そんな事思ってたら大間違いですよー。


管理会社の名前は一応伏せますが、どんな対応をされたのか、どんな欠陥があったのかは全てノンフィクションで書いていきます。



house


もくじ

新築物件の魅力は凄い!




私と嫁が今の賃貸物件に引っ越したのはおよそ2年ほど前の事。家賃の予算5~6万円で部屋を探していた私たちを『見るだけ見てみます?』と言って仲介業者が連れてきたのが今の物件。


綺麗な外観、新品の内装、周りも静かだし立地も文句なし。しかもキッチンは流行りのアイランドキッチン、ウォークインクローゼットもあるし、浴室乾燥機まで完備。もう文句なしである。


しかし新築物件ということもあり家賃は7万越え、これまで検討していた予算をはるかにオーバーしている。しかし今まで見てきた物件と違い他人が生活していた痕跡の全く無い部屋というのは私たち二人にとって大きすぎる魅力だった。


結局予算はオーバーするものの、その魅力にみせられて契約。


高い家賃は新築という安心感を買ったと思って払うことに決めた。今思えばこんな高い家賃なのによく契約したなと思う。


契約して1年は快適そのもの




住み始めて最初の年は快適そのものでした。しいて言うなら新築の匂いが抜けないなーくらいの不満しかありませんでした。


新しく購入した家具や家電を並べては良い物件だなーと思ってたくらいです。


暖かくなる便座に感動したり、浴室乾燥機の便利さに喜んだりの日々でした。


1年半ぐらい経つとだんだんと欠陥が明るみに




まず初めにに伝えておきたいのが、私は決してたちの悪いクレーマーではないという事です。どちらかと言えばむしろクレームを入れるのが苦手な人間です。


なので、部屋の照明のスイッチから結構な勢いで隙間風が入ってくるとか、夏場に湧いてくる虫の量がハンパじゃないとか、聞いていたほど日当たりが良くないとか言い出したらきりが無い小さな不満は心にしまっています。


しかし、そんな私でも放っておけない欠陥が出てきました。それは・・・


キッチンの換気扇がずり落ちてきてる!!


最初に気付いたのは嫁でした。天井と換気扇の繋ぎ目に亀裂が入っているのを見つけ私に相談してきました。


このまま放っておいて換気扇が落ちてきて怪我でもしたら洒落にならないので、物件の管理会社へと連絡。後日担当者が向かいますと言われ予定日まで待つことに。
 
 
 

担当者が到着。しかし対応は・・・




予定の日になり担当者が来訪、嫁は仕事だったので私一人で対応することに。


リビングへと案内してずり落ちた換気扇を見せましたが、担当者は落ち着いた様子でこう言いました。


「とりあえず亀裂を埋めときますので、また落ちてくるようでしたら連絡して下さい」


そしてグルーガン(DIYでよく使われる、生クリームみたいなものが出て来て隙間を埋めるやつ)と思わしきものを取り出して隙間を埋めてササっと帰っていきました。


担当者が帰った後に修正箇所を見るとパテがはみ出したりして若干見た目がよろしくない事に・・・。
亀裂が入った状態よりはいくらかマシだが、せっかくの新築なのに感が否めません。


しかしこういうこともあるんだろうと納得させて様子を見ることに。


換気扇、再びずり落ち開始




修正してからおよそ3ヶ月ほど経つと再び換気扇と天上の繋ぎ目に亀裂が入っていました。しかも前回よりも隙間が大きくなっています。


またかよ・・・と少し苛立ちながらも管理会社に連絡。再び担当者に来てもらうことに。


前回とは違う人が来て、またもやグルーガンで隙間を埋める処置で終了。


内心は「またそれだけ!?」と思いつつも、また様子を見ろとのことでしたので様子をみることに。


換気扇「私は何度でもずり落ちる」




また亀裂が入るまでに時間はかかりませんでした。正直ウンザリという気持ちが大きかったです。


日程を合わせるのも面倒なんだぞ!!と叫んでやりたい気分です。


しかも今回はずり落ちた換気扇の亀裂箇所から広がるように謎の黒い痕があるじゃないですか。真っ白な天井に黒い痕は致命的です。


さすがに私も強気で電話して日程を調整、来訪した担当者の判断は3回目なので換気扇を持ち上げてビスを打ち込んで固定するとの事。しかし今日は道具も無いし、別の管理部門の担当になるからその担当者から日を改めて連絡させるとの事でした。


またかよ!!また休日を削って対応しないといかんのか!!いい加減にせぇよ


心の中で悪態をつきながらも社畜スマイルで送る自分。結局その日はなにもせずに連絡を待つことになりました。


放置プレイされることおよそ6ヶ月




担当者から連絡させると言われてから半年経過、待てども待てども連絡はなし、怒濤の放置プレイである。


内心面倒になっていたのと腹立たしいのでコチラからも連絡をせずに半年が経ち、天井の黒ずみは姿は軽くホラーの域に片足を突っ込んでいた。


そんな折に来たのが契約更新の手続き書類。


「こんな状態やけど更新するぅー??」


ってハガキ送ってきやがった訳ですよ。なんなん、まずちゃんと直せよ、契約の更新はそれからやろがい!!


と思うだけで更新ハガキを記入する私。しかしいい加減どうにかしないとなーと思いこれを機に再び連絡。


お問い合わせフォームから連絡




今回は電話ではなくお問い合わせフォームから問い合わせることにした。理由は電話よりも文章の方が言いたいことを言いやすいし、少しなら強めに言えそうだからだ。


怒れるイチゼロが送った内容はザックリこんな感じだ!!

以前から何度か連絡させて頂いてるのですが、換気扇がずり落ちてきています。毎回簡単な処置をするのみで、未だに状態は改善していません。


前回の対応から「別の管理部門から連絡させる」と言われてから音沙汰がありません。


最近は亀裂部分から煤のようなものが出て来ています。早めの対応をお願いします。


うーん、この社畜感(笑)
今読み返すと全然怒ってる感が出てませんね。


しかし、お問い合わせフォームを送った次の日には電話で連絡がきました。そして日程を決めて再度対応することに。


ビスの打ち込み完了!衝撃の言葉にイチゼロ絶句!




日程の日になるとベテランっぽいオッチャンと若い爽やかなお兄さんが来ました。ちゃんと工具を準備して、状態をしっかりと確認してくれます。これは今までと違うなという雰囲気。


ジャッキで換気扇を持ち上げて、ビスを斜めに打ち込んで換気扇を固定します。この間に世間話がてら軽く話をしていたんですよ。すると換気扇のダクトにも不具合がありそうだとの事。


ダクトから空気吸い込んでるのに、なんで外側に汚れが出て来てんのって話ですよ。換気扇落ちてくるわダクトは不具合あるわで・・・ほんと欠陥だらけやがな!!



私「亀裂入ってるの換気扇のとこだけじゃないんですよ、寝室とか階段も亀裂入ってるとこあるんすよー」



半ば愚痴で言った言葉にオッチャンから信じられない返事が返ってきました。



オッチャン「ホンマやね。家、傾いとるかもしれんね」



家、傾いとるかもしれんね



イエ、カタムイトルカモシレン



イエカタムイトル



まじかよ!!さすがにそれはアウトでしょ(笑)
オッチャンさらっと言ったけど会心の一撃だよそれ。


ちょっと深刻な状態の可能性があるので、監督と呼ばれる人に電話をしてもらうことに。その際にビスを打ち込んだ為に換気扇周りのクロスの張り替えと、黒ずんだ天井のクロスの張り替えが必要だと伝えてくれました。


もちろん費用は管理会社持ち。これで金払えなんて言われたらゲキオコですよ。


オッチャンが結構強めに言ってくれたのでコチラに有利になりそうな感じでした。


とりあえず現状の進捗はここまで



今は再び問い合わせで現状を報告し、また日程をあわせて点検してもらわなくてはいけない状態です。



問い合わせの回答はすぐにきました。オッチャンから報告は受けたので、都合の良い日付を3パターンくらい送ってくれ、そしたらそのどれかで伺いますだってさ。


もうね、3パターンとかじゃなくてこの日に来てくれって言ったら来てよ。疲れてんのよ、イエカタムイトルのよ。


値下げ交渉で使う予定の3つのカード!




ただでさえ高い家賃、しかも新築というメリットを損ないかけたこの物件の家賃を適正な値段にしてもらうための私のカードはこれです。


①細かい欠陥を全て伝える

電気のスイッチの部分から隙間風が常に吹いてる事などの細かい欠陥を全て伝えてみようと思います。


②今までの対応が適切だったのかを問う

そりゃ何回も貴重な時間を削ってきたわけですから、その辺の説明はしてもらうのは当然です。納得のいく回答が得られれば納得します。


③そもそもカタムイトルってなんやねん

これが一番の切り札。聞いた話だと家が傾いていることで体調にも影響することがあるとかないとか。
それに地震や台風などの天災の時の強度も不安の一つです。なんてったってカタムイトルカモやし。


正直これでダメならどうすれば家賃って下がるんだろうってレベルです。


別に大幅な値下げをふっかけるつもりはありません。あくまで適正な価格へと変更することを望んでいます。


決戦の日はまだ決まっていませんが、進捗があれば都度報告する予定です!


今回ばかりは温厚な皮を脱ぎ捨てて戦うぞー!!うぉぉぉおおお!!


Part-②で結果報告になると思うので興味持ってくれる人がいたら見てくださいね!


最後までお付き合いありがとうございました!


それでは!!