なんでも調べちゃうブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも調べちゃうブログ

24歳サラリーマンの雑記的なブログ

初心者でもブログで稼げるって言ったヤツ出てこい!弱小ブロガーが吠える




どうも!!当ブログを編集しているイチゼロと申します。


今回はタイトル通り弱小の中の弱小ブロガーである私が『初心者でもブログで稼げる!』という甘い言葉に対してもの申します。いえ


吠えます。負け犬の遠吠えってやつです。


これからブログを始めようかと考えている人に対して自分への戒めも踏まえ、現状と実体を吐きだしたいと思います。

f:id:ichizero:20170329131335j:plain
 
 
もくじ
 

 
 

1・ブログを開設したら初心者?いいえ、違います




まずは冒頭からこの記事でメインで訴えかけたい事をぶったぎります。


ブログで稼ごうと思っている人達ってそもそも『ブログ初心者』の意味を勘違いしていませんか?

 

無料ブログを開設⇒記事をいくつか投稿⇒やった!!これで私もブログ初心者だ!!
 
 
なんて勘違い、してませんか?



もしもしていたならば、それは大きな間違いです。この段階では初心者どころかスタートラインに向かって歩き始めただけです。ブロガーの言う『初心者』って実はかなり敷居が高めなんです。かくいう私もまだ初心者にすらなれていません。



理由はすごく簡単です。
ブログでお金を稼ごうとか、お小遣い稼ぎがしたいと思っている方は一度は『ブログ 初心者』なんてワードで一度は検索すると思います。すると上級ブロガーの方たちが作ってくれた初心者の為のノウハウがたくさん出てくるんですよね。


そしてそれを初心者だと勘違いした人が読むんです。ふむふむなるほどねーって具合に。でもあなた、そこに書いてあることが本当に理解できました?>『だいたい分かった』とか『分からない部分もあったけど』とか曖昧な事は抜きで、本当の意味で理解ができましたか?


おそらく大多数の方が全てを理解することは出来なかったはずです。そして大多数に当てはまった方に問います、今あなたが読んだページはなんですか?


それは初心者の方に向けて書かれたノウハウです。もう一度言います、そこに書かれているのは初心者用のノウハウです。


それすらも理解出来なかったということはあなたは初心者ではありません。なので『初心者でも月間PV◯◯以上獲得する方法!』『初心者でも一ヶ月で◯◯円稼げる方法!』とかに釣られてそれをきっかけに始めるのはやめましょう。



その情報が役に立ってくるのはあなたが『初心者』になれた時です。



2・これがリアルです(合計PV数)




大層な事を言っていますが、かくいう私も初心者だと勘違いしていた1人です。初心者向けの記事を読みあさり理解したつもりでそれらを実践したと勘違いしていました。そしてそれらを実施した結果がコチラです。


ichizero.hatenablog.com
記事数:16記事
アクセス数:171PV
katteni-rank.hatenablog.com
記事数:11記事
アクセス数:31PV

 
 
ブログを二つに分けていることに特に深い理由はありませんが、いろんな事を検証してみる為に分けてみただけです。
どちらのブログも内容に大差はないですが、前者のブログが約1か月、後者は約半月を費やして更新してきた現在の状況です。



二つを足しても合計PV数は200弱ほど・・・、費やした時間を考えるとガックリと項垂れてしまいたい思いです。これは単に私が面白い記事を書けていないだけの可能性は十分ありますし、役に立つと勘違いして情報を垂れ流しているからなのかもしれません。



しかし、詳しくは後述しますが万人にウケる記事というのはちょっとやそっとでは絶対に書けません。
例え自分が面白いと思って書いたとしても、それは自分だけの可能性だってありますし、共通の感性を持つ人に読んでもらえるまでにはかなりの時間と労力が必要です。



これならイケる!と思って気合い入れて書いた記事が一日あたり1PVしか見られなかった時のショックはかなり大きいですよ。



検索で出てくる運営報告記事は成功したケースが大半を占めます、だから自分でも出来るって勘違いしやすいんですよね。


成功ばかり見ていては確実に途中で心が折れます、しっかりと現実的なケースも把握することが大事です。


3・普段目にしているブログやサイトを書いている人は凄い人だと自覚してますか?




普段何気なく見たり読んだりしているブログやサイト、自分の調べたい事を検索すれば今の時代わんさか情報がでてきます。そしてだいたいの人が検索上位に表示されたブログやサイトを閲覧すると思うんですよ。



あまり注意深く見ていないとピンとこないかもしれませんが、あなたが見ているブログやサイトで『見にくいし読みにくい!』って思ったことはありますか?


恐らくそう感じる事って少ないと思います。なぜなら検索で上位に食い込めるような人の書いた記事は読み手に対しての配慮が行き渡り、文章の構成も計画的に練られたものを提供しているからです。これって凄いことで、万人が読んでも理解できるように文章を構成することってすごく難しいんです。



誤字脱字のチェックは当然、なにから話を進めるか、最後はどうやって〆ようかといった事まで細かく計算されているんです。それがあなたにも出来ますか?普段何気なく見ているものにも多くのテクニックが盛り込まれていることを知りましょう。

たとえ小説を多く読んで文章に自信がある人であってもなかなか難しと思います。ブログにはブログに適した書き方が存在します、まずはPVとか気にする前にここの勉強からが先でしょう。(私のこのブログは何の参考にもならないのでご注意を)
 

 

4・1記事に費やす時間はおよそ2時間




見出しでは2時間と書いてますが、始めたばかりの時は3時間とか4時間かかるなんてザラにありました。だって知らなかったんですもん、見出しの付け方とか目次の導入のしかたとか、もっと言えば文字サイズの変え方とか色の変更とか・・・。始めのうちはこれらを自力で調べながらの執筆になります。かなりかかりますよ、時間。


今でこそ少し慣れてきて2時間と言ってますが、ここにくるまでにもかなりの時間を費やしています。


それに初心者向けを謳っている記事にはブログの基本として『毎日更新する』・『100記事はとりあえず書く』と書かれている事が多いです。それらを達成しようとすれば3~4時間、慣れてきても2時間で記事を毎日作成し、それを100日間継続する必要があります。毎日更新できますか?私は出来てません。


特に本業と両立しようと考えている人は尚更難しいです。これは私自身この立場なので難しいことは断言出来ます。


なので自分にあった方法がないかと試行錯誤しながら模索中です。さすがに自分になにが出来てなにが出来ないのかはネットで検索しても出てきませんしね。
 
 
 

5・始めたばかりのブログの記事なんて使用済みのティッシュと同等と思ったほうが良い




ブログ記事を書くということはWebという超大型スーパーマーケットに商品を陳列するのと同じです。数千、数万とある商品の中から自分の商品を買って貰うか見てもらう必要があるのです。しかし初めから目立つ棚に陳列させてもらえるわけありません。


そりゃそうでしょう。すでに幾つもの商品が並んでいるのに、初心者が作った商品をなぜメインの棚に置かなければならないのでしょう?Webも商売です、売り物になるか分からないものに特等席は用意されません。そこに並べてもらうには努力・継続・改善、これら全てを行ってからです。例外はありません。


始めたばかりのブログの記事を陳列するのは超大型スーパーマーケットの隅っこの隅っこの隅っこのほうの棚です。そして初心者が書いた記事なんて見出しの通り『鼻をかんだあとのティッシュ』と同じくらいの価値しかないでしょう。



そしてブログを簡単だと思いこんで始めた人達は、隅っこの誰も寄らないような場所で使用済みティッシュを並べて呟くんです。


「売れねぇなぁ・・・」



そりゃ売れねーよ!!
素人がプロと戦うようなものですよ?簡単にいくわけありません。


6・まとめ




いろいろと口うるさく書きましたが、私はブログをやるな!と言っているわけでは決してありません。むしろやって下さい、始めるなら早いに越した事はありません。


私の言いたいのはただ1つ、『ブログは簡単に稼げる』という概念を捨ててから始めるべきだということです。甘い誘惑からスタートを切ったのでは絶対に継続は無理です、断言します。


まずは自力で無料ブログでもいいから開設していろいろやってみて下さい、下積みの経験こそが一番必要な事です。

記事もある程度早く書けるようになって、カスタマイズのやりかたも少しは理解できるようになって、記事の書き方にも慣れて、初心者向けの記事を理解することができるようになって初めてスタートラインに立てます。


スタートラインと言ってもここまでくれば大したものです、後はブログに更にノウハウを盛り込んで成功を掴んで下さい。


あ、あと初心者向けに記事を作成してくれている方たちに対して文句を言ってる記事ではありません。私自身かなり助けられておりますので。タイトルは反抗的ですが、そこは何卒穏便にお願いします(実際に出てこられたら恐縮してしまうので・・・笑)



でもあまり過度に期待させるようなタイトルはやめてほしいかなーなんて思ったり思わなかったり・・・


以上、弱小ブロガーの遠吠えでした~



それでは!!